*All archives   *Admin


    2007年09月06日(木)

    お供物狙う!?

    20070906130318
    実は…、良くないこととはわかってるんですがヾ(;´▽`A``
    年内に埋葬を考えてるため、最後にどうしても近くに置いておきたくて、お盆前に納骨堂を解約し、ボクとブルのお骨を持って帰ってきてしまいましたo(_ _*)o
    (最後にこうやってお骨を持ち帰る人、意外に多いんですってぇ

    お供えを上げると、毎度 狙われます、、
    今日はアラシくん…(≧д≦)
    関連記事
    13:03  |  ヨーキー(08.2月まで)  |  TB(0)  |  コメント(8)  |  編集  |  Top↑

    Comment

    持ってかえってきちゃうBBTさんのお気持ちよくわかりますよ~
    お供え狙ってるアラシくんとっても可愛いのに
    なんだか涙出てきちゃいました・・・
    チップママ |  2007.09.06(木) 15:36 | URL |  【編集】

    ●一緒だ!

    やっぱり姿なくても側に置きたいの分かります。お供えをワンコもニャンコもHIROも狙うの・・・
    ひろま |  2007.09.06(木) 16:47 | URL |  【編集】

    ●>チップママさん

    骨壺に撫で撫で出来るのも最後ですから~!!
    埋葬しちゃったら撫でることが出来なくなるので、今は朝晩しつこいくらいに撫でまくってます(笑)
    BBT@携帯 |  2007.09.06(木) 17:22 | URL |  【編集】

    ●>ひろまさん

    お供え…HIROちゃんも(* ̄m ̄)ぷぷっ
    HIROちゃんはそうでなくっちゃ♪(笑)
    やっぱりどこも同じなんですね~
    納骨堂にテディを連れてくと余所様のお供えまで盗み食いしてます~(汗
    BBT@携帯 |  2007.09.06(木) 17:26 | URL |  【編集】

    ●よい事ですよ

    最近、手元供養という物の考え方が増え始めました。愛する者を身近に置いて供養したいと言うことですが、ずっと昔から仏教でも是認されたことです。どこに葬っても、「何時でもふり向けばそこに居ますよ」あなたが望めば「私はすぐに行きますよ」ちゃんとお経にも有ります。お墓でも良し、家でも良し、この世のあなた次第です。マオさんも家の仏壇(カップボードの一角)にいます。家のお供え物は、母さんが寝静まってから、こっそり、素早く供え、すぐに、タマチンとわたしで、お下がりを頂き、証拠隠滅ナマナマブーです。
    マオの父さん |  2007.09.06(木) 23:23 | URL |  【編集】

    ●>マオのお父さん

    実は…、マオちゃんのお父さんがこの記事を読んで『ありゃりゃ、、』なんて思ってしまうかな?なんて考えてました。
    お骨を持ち帰るとき、本当に良いのかな?という不安な気持ちもありました。
    その前に、マオちゃんのお父さんにメールして聞いてみようかな…とも思っていました。
    でも、マオちゃんのお父さんのコメントをみて安心しました~~~♪
    ありがとうございます(*^_^*)
    年内に埋葬と考えてますが、位牌はお家に置きますので 変わらず声を掛けていきたいと思っています。

    あ…、マオちゃんのお父さんもたまちんと一緒に盗み食い~?(笑)
    知能犯かも(* ̄m ̄)
    BBT@携帯 |  2007.09.06(木) 23:43 | URL |  【編集】

    少しでも一緒に居たいもんね~♪
    気持ち~よくわかります。

    お供え~食べると供養になるっていうから
    狙っても怒れないかも~^O^
    逆に良いコだね~♪ヨシヨシって褒めてあげたら
    本犬~びっくりするかな^m^
    姫ママ |  2007.09.07(金) 21:02 | URL |  【編集】

    ●>姫ママさん

    お供えどころか~、別な場所に置いてた時は、お水まで飲んじゃってたことありましたよ~!!
    充分、供養になってるかもしれましぇん(笑)
    お骨は・・・、家に一度持ち帰ると手放したくない気分になってきました~(汗
    BBT@携帯 |  2007.09.08(土) 22:56 | URL |  【編集】

    コメントを投稿する

    URL
    コメント
    パス  編集・削除するのに必要
    非公開  管理者だけにコメントを表示
     

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    この記事へのトラックバック

     | HOME |