*All archives   *Admin


    2010年03月04日(木)

    TV番組:とくダネ(iNPH)

    3日続いた発作も一段落したようです。
    ご機嫌♪てほどでもないのと、歩様に安定感はありませんが、元気に過ごしています
    100304_0134~01
    ネムネム




    今朝、TV番組の「とくダネ」で、老人におけるiNPHの特集を観ました。
    iNPH(突発性正常圧水頭症)が原因で認知障害の場合もある。手術で改善できるというものでした。
    シャントチューブを通し、随液をお腹に流すという手術。
    【VPシャント術・VAシャント術・LPシャント術】
    VPシャント術が主流だが、現在はLPシャント術が注目されているとのことでした。
    そして、LPシャント術の手術費が全部で7万?10万には驚いた?!
    スタジオにシャントチューブを持ち込んで説明されていましたが、水頭症の犬も人間のシャントチューブを使います。
    ヨーキーなら人間赤ちゃん用。これを犬が使うとなるとチューブだけで12万円以上。以前、柄本先生に見せて頂いたことがありますが、「え?これが?」と思うほど、とてもシンプルなものでした。
    動物はVPシャント術が用いられ、全部で25万円以上は軽く掛かる!
    動物がVPシャント術に使うチューブ代金だけで人間のiNPHが改善し、おつりまで来ちゃうんですね?!
    ・・・って、人間と動物の違いはわかってはいるけどね

    金額は別として・・・。
    興味深い内容でした。シャント術の説明は犬もほとんど同じなので照らし合わせてみたり・・・。
    自分にも起きることかもしれないし

    関連記事
    13:00  |  水頭症メモ(09.4月から)  |  編集  |  Top↑
     | HOME |