*All archives   *Admin


    2010年03月11日(木)

    テディ・ジュエル病院 / 病院で発作

    今日はジュエルの病院の日。
    テディも検査に連れて行きました。

    高速に乗る前に、どんぐり本店でパンを買って腹ごしらえ。

    高速道路は雪もなく、カラカラ?
    手稲山に向かってどんどん進みます
    100311_1128~02
    同じ札幌市内だけど、高速道路を使うとやっぱり早いね
    自宅から病院まで40分です。


    車の中では案の定、ハイテンションなテディです。




    病院へ到着!!


    なんだか良くわからないけど楽しくて、へらへら?なテディ。
    100311_1150~01


    ジュエル
    100311_1148~01




    【まずは、テディのこと。】

    咳が続いていたので診て頂いた。
    体重を量るにも一苦労の柄本先生です、、
    結局、奥へテディを連れて行き、別な場所で量って来ました
    そして、レントゲンです。
    レントゲンから戻って来て、PCでレントゲン画像を見てビックリですよ?
    どんだけ暴れたのか・・・、体がグニャって曲がってました
    初めて見ましたよ。こんなレントゲン画像。。。

    咳の原因として、心臓には問題なさそうです。
    やはり、気管虚脱が原因のようです。
    咳に関しては今後よく注意するようにとのこと。
    それと、興奮させないようにとのことです。

    膀胱炎がありました。
    気管虚脱では、気管支拡張剤のほかにステロイドも飲ませたいのだけど、膀胱炎のお薬の組み合わせでステロイドは飲ませられないので、気管支拡張剤&膀胱炎のお薬を2週間飲むことになりました。
    この2週間でどう変わるかで、今後が変わって来そうです。




    【次は、ジュエルのこと。】

    発作報告のあとは・・・
    ジュエルのいつもの胆泥症の検査。
    なんと!!胆泥症が落ち着いてますよ!!
    ベジタブルサポートDrプラス効果なのか・・・、フードを肝臓サポートに変えたからなのか謎なのですが。

    フードが底を着いて来たので、残念なことに今回は肝臓サポートじゃなくて違うフードを買ってしまいました
    先生からはやはり、フードは肝臓サポートのほうを続けてみたほうが良いとのこと。がーん
    また買わないと

    胆泥症が今回は落ち着いていましたが、「今日は大丈夫でも、この子の場合、次は大丈夫じゃないことがよくあるので、安心はできない。」と柄本先生。
    うんうん、、今までもこの繰り返し。私もそう思います。




    【ジュエル、病院の待合室で発作。】

    テディは運転手と車へ。
    私はお薬待ちで、ジュエルと待合室に。

    いきなりバタッと仰向けに引っくり返り、奇声。
    奥にいるスタッフさんに「発作起こしちゃった?!」と伝えると、ジュエルをお迎えに。
    「今、お注射打ちますね。」と言って中へ連れて行きました。
    中から聞こえてくるジュエルの奇声。
    でも、すぐに奇声は聞こえなくなりました。
    5分後、スタッフさんが来て、「お注射を打ったので発作も落ち着いて、今は酸素室にいます。」とのこと。


    待つこと30分。
    不安感はありませんでした。だって、脳神経の専門医・柄本先生が処置して下さっているんですもの


    柄本先生が来て、「今、まだボーッとしてます。動脈に針を刺したまま帰って欲しいんですけど、次に発作を起こした時に行ける近所の病院はありますか?」とのこと。

    「ないです!!」と即答の私です。
    そして、5分以内に行ける病院は3件ありますが、任せられないことを伝えました。

    先生は、「わかりました。では、針は外しておきます。」とのこと。

    ちゅっぴりポーッとしたジュエルが帰って来ました。
    でも、車の中では回復♪


    発作時のお注射・・・
    やっぱり効きめが早いですね。1度の発作で落ち着いたそうです。



    今日はテディの診察もあったので、2頭分のカルテが出されていました。
    テディとジュエルとではカルテの厚さが全然違います。
    ジュエルのはやっぱり分厚いです。
    定期健診が生涯続くジュエルですから、この先も、どんどんどんどんジュエルのカルテが更に分厚くなっていけたらな?って思っています。
    ジュエルが生きている証だから

    関連記事
    17:37  |  水頭症メモ(09.4月から)  |  編集  |  Top↑
     | HOME |