*All archives   *Admin


    2010年04月03日(土)

    テディ:アニマルコミュニケーション

    3年ぶりにテディのセッションを太尾和子さんにお願いしました。
    3年と言えば、現在も続けられている和子さんからのジュエルのヒーリングも
    丸3年です。
    もう、和子さんに頼りっぱなしです(笑)

    和子さーん!ありがとうございまーす




    アニマルコミュニケーション:テディ
    2010?3?24



    テディ君、和子です。
    うん、やっと来たね!僕、話すの首長くして待っていたんだよ。


    あー、テディちゃん、ごめんね。
    うん、いいよー、許してあげる。冗談だよ!大丈夫だよ、動物はそう言う事をいちいち、人間の様に気にしないからね。


    テディ君、元気ですか?
    うん、僕、元気だよ。


    体調、どこも悪くない?
    尿の石の問題ぐらいだね。


    それは何をしたら、治せると思う?
    ほら、病院の先生もママも出来るだけのことはしていると思うよ。お薬とか、食べ物に注意していくことなど。それはそれでいいの。でももう少し考えて欲しい点があるんだよね。
    それはね、石ができやすいと言う事は、体のエネルギーの循環で何かスムーズにいっていないことがあると、石が発生するんだよね。
    そのエネルギーというのは、僕のことではなくてママに関係しているの。だからと言って、ママのせいで僕の石が出来てしまうとは言っているんではないの。その様に聞えるけどそうではないの。

    人間と動物の心理は密接に繋がっているんだよね。だから僕とママは一心同体と言えるの。それだから、僕とママのエネルギーの流れは同じ様に似ているの。
    尿の石が出来る意味は、こんなことが関係しているの。それは、ママ、色々と細かく気が付く性格でそれはプラスでいいんだけど、他の人にすぐお手伝いしちゃう方なの。それもいいんだけと、ママ自分に対して厳しいんだよね。
    ちゃんとお手伝いが出来ているかとか、もっとママがベストをつくして助けてあげられないかとか、色々気にして、かえって精神的にギリギリして疲れちゃうんだよね。

    ママ、自分に対して高いレベルを要求するんだよね。
    もう少し、リラックス出来る様になると良いと思うよ。
    全てママのすることについて、ベストのベストを要求するのは無理だよ。その必要はないよ。もっと気楽になれるようにするといいよ。そういう無理があることが僕の石で表現しているの。


    どうしたらもう少し、気楽になれると思う?
    ママはお花にしても、自然の環境に行くことが好きでしょ。勿論、お買い物するのも好きだけど!
    よく、お花、また自然にしても彼らの生活のペースは僕達のより、ゆっくりだよね。でもそのゆっくりとした中に素晴らしい美しさがあるよね。シンプルさ、そして美しさと。
    そういうシンプル、ゆったりとした美しさを育てていって欲しいの。

    まずまず、いろんなことを気にしない事だね。
    スローペースでもっとリラックスして、周りにある美しさを味わっていって欲しいの。
    ママ、頑張りすぎるんだよね。自分に対しても、他人にしても、もっと気楽に考えられるようになるといいよ。
    でも特に自分に対して厳しいから、そこを変えていってね。もっとママ自身に優しくしてあげた方がいいと思うね。ママは僕達の為にも、お友達の為にも充分、世話してあげているんだからね。




    ママから離れないし、家でもまゆみさんを見つめているそうですね。
    えっ、だってママ、綺麗だから見つめちゃうの! ハハハ、また冗談!
    きれいな事は冗談じゃないよ。それは事実、そうだからね。でも常にママの側にいるのは出先で、さっきも話したように僕、ママと一体の様に感じているの。
    ママの考えている事、することを僕、一緒に常にしたいの。
    僕はママのサポートをする意味でのパートナーなんだよね。


    でもまゆみさん、トイレにも行けないなんて、テディ君、そのサポートの仕方、凄すぎない?
    まあねー、でもママも何かするとなると、凄く意気が入る方でしょ。僕もそれに似ているんだよね。何かするとしたら、とことんまでするんだよね。
    だからパートナーとして、常にママの側にいるんだよね。僕はママの体の一部みたいな物だよね。


    どうして家の中でもママを見つめているの?
    ママはぼやっとする時ってあまり無いでしょ。とにかく何かをいつもしているでしょ。
    僕の行動の仕方を考えると、ママ自分でも良く僕に似ていると気がつくと思うよ。
    ママ、もっとぼやっと出来る空間を持つのもいいことだと思うよ。
    ママの精神・心・体、全部にとっていいと思う。


    ペットカートに乗せても、景色を楽しむどころかママを見ているそうね。
    ママがもう少し、ぼんやり出来る様になるとか、生活のペースを少しでもリラックスできると、僕も変わってくると思うよ。


    外へ出た時は周りの景色などを楽しんで欲しいそうですよ。
    うん、それは分かっているの。僕が言いたいのは、ママこそゆっくりと外を楽しんでほしいの。
    (「ゆっくり」にアンダーラインをひいてとテディ君に頼まれました!)




    ジュエルちゃんが発作を起こした瞬間、吠えるのはなぜ?
    ママに知らせる為として、ママのお手伝いになってあげたいからなの。


    まゆみさんが家に居ない時にジュエル君が発作になった時、テディ君はどうしているの?
    外出時の発作はあまり多くないよ。でも数少なくも起こる時は、僕、ジュエルの側にいてあげているの。ママの様に抱いてあげるなど出来ないけど、出来るだけ早く、落ち着けるようにジュエルに、「落ち着くように」とお話しするの。
    ジュエルの意識が戻るまでずっと、側にいるの。
    出先でママの側を離れないのと同じで、僕、ずっとジュエルの側にいるの。ママが家にいたらジュエルにしてあげることを、僕なりにしてあげるの。


    優しいね、テディちゃん!
    うん、それぐらいするのは朝飯前だよ。簡単なことだよ!
    僕、結局、世話好きなんだよね。そこもママに似ているでしょ。




    何時も協力してくれてありがとうと、ママが言ってます!
    うん、どういたしまして、簡単なことだもん。喜んで、協力しているの。

    僕の体調を気にするよりも、ママの体調、精神健康をよーく考えてくれれば、僕の問題もそうたいした事にはならないよ。
    まず、ママ自身の体・心を健康にすることから全てが始まるんだからね。これは冗談じゃないよ、ママ!




    テディ君、えのもと病院へ通院するの、どう思います?遠くない?
    うん、大丈夫。僕にとっては負担ではないけど、ママが大変だよね。でも僕、あの病院の人たち、みんな良い人で好きだよ。信頼できる病院だから、遠くても気にしないよ。
    信頼できる病院を持っておくことは大事だよね。
    でも車だとやっぱり早いね。
    ママも車を運転するようにしたら? ハハハ、これまた冗談でーす。ママが運転したら、僕達、心配でゆっくりとなんか座っていられないよー!(フフフ!)

    ママのお手伝いは僕がしたくてやっていることだから、それでストレスにはなってないよ。我慢でもないよ。

    お手伝いしたいの。「ありがとう」とママが言ってくれるのは嬉しいね。でも言われなくても、ママは常にそう思ってくれているのはちゃんと僕、知っているよ。
    ママの気持ちは全部、ちゃーんと分かっているよ!
    僕、喜んでお手伝いしているの。



    アラシ君をどう思う?
    彼はいつも、独自の世界にいるんだよね。そしてたまーに、僕達と精神的に繋がれる時もあるみたい。でも彼も彼なりに可愛いよ。
    命はみんな、それぞれと、生活の仕方は違ってもみんな、美しさがあるよね。
    生きるって貴重な経験だよね。



    コミュニケーター:太尾 和子


    関連記事
    19:21  |  アニマル・コミュニケーション  |  編集  |  Top↑
     | HOME |