*All archives   *Admin


    2010年06月16日(水)

    ジュエル:病院の日

    今日は生憎のど?んより曇り空…というより、時よりポツ・・・ポツ・・・と肌に感じる雨が降ったり・・・
    午後からは本格的に雨が降り出す予報。


    暑い日が続いていたため呼吸のことを考え、ギリギリまで伸ばしてしまった通院。
    ジュエルのお薬が今朝の分までしかなかったんですよ?!
    なので、今日は8時半に家を出て、雨が降り出す前の午前中までに帰宅を目標に出発


    この時間帯、地下鉄が激混みでギュウギュウ
    カートだと場所を取ってしまい、申し訳ないな・・・と思いつつも、ソフトキャリーじゃなくて良かったと思いました。(雨が降った時のことを考え、肩から掛けられるソフトキャリーバッグにしようか迷ったんです。)

    無事に札幌駅へ着き、お次はJR。(ホームで電車待ち?)
    100616_0901~01


    JRのほう、9時半までは快速が無く、各駅停車の普通列車。
    なんだかローカルな感じで、の?んびり。貸切電車のよう(笑)
    100616_0919~01



    手稲駅から病院までは歩くこと20分。ちょっぴり急ぎ足です。

    受け付けでは、『雨が降る前に帰りたいので今日の血液検査は来週で!多分、月寒のほうから先に雨が降り出しそうだから、とにかく早く帰りたいんです!』と、自分勝手な患者爆裂
    でも、スタッフさんも私が公共交通機関を使って遠くから来ているのを知っているので、『そうですよね。院長に伝えますね!』と。


    お天気せいか幸いにも病院は空いていました。
    100616_0948~01
    そして、タイミング良く院長先生の患畜が他にいなかったようで、すぐに呼ばれてホッ



    まずは発作報告。
    そして、今日は目がいつもより飛び出ていたので先生に伝える…
    目が飛び出ている時って発作に繋がることが多くって…

    眼圧を計って下さった。でも正常値とのこと!
    『測定した範囲では正常値だが、飼い主さんがいつもと違うと思っていて、それで発作に繋がる時があるなら、それはそれで注意してあげたほうが良いです。』とのこと。


    そして、呼吸。
    今日は比較的大丈夫なのですが、一昨日の夜から苦しくなっている呼吸。
    昨日(15日)の明け方は、呼吸困難になり 苦しい思いをしちゃったの。苦しくて横にもなれず、ベッドの上に座っていました、、

    やはり前回に引き続き今回も左のリンパが腫れているとのこと…
    ただ、前回の検査では腫瘍らしきものは無し!

    呼吸対策として気温と湿度のお話に。
    現在は22度?24度の温度。そして湿度は50%の我が家です。
    『それで大丈夫です。今日みたいな気温(20度前後)が丁度良い。とにかく気温は高くないほうが良い。』と先生。
    気管虚脱は気温が高すぎても低すぎてもダメなのは知ってます。再確認できて良かった。



    近日中にテディの病院予定だったので、ジュエルの血液検査のほか、エコー検査もその時になりました。



    そして、『お薬、急いで用意しますので。』と言って下さり感謝です!
    ほんと!今にも雨が降り出しそうでしたので・・・


    今日は診察中に、病院で飼われている水頭症っ子のチワワちゃんが足元に来てくれたョ♪
    クルクル回ってしまう子なんですが、撫でると体を預けてくれるの。可愛かったです


    診察室を出ると、ブリュッセル・グリフォンが?
    グリフォンは滅多に見掛けないけれど、見掛けた時は「いやぁ?、ジュエルに似てるなぁ?」と思うことがしばしば・・・。
    今回も、見れば見るほどジュエルと似てる(笑)
    と、ここでグリフォンの飼い主さん!『似てますよねぇ?』…と…(爆)
    ほんと、ジュエルはヨーキーじゃなくてグリフォンでも通用しそう(笑)って、確か、グリフォンてヨーキーの血が入っていたよね。

    そして・・・気がつくと・・・
    私の左側いたシーズーちゃんが私の体にスリスリ(笑)
    「人見知りしないんですね♪」と聞くと、「凄い人見知りするんです。」ってマジで??全然してないけど(* ̄m ̄)


    お薬もいつもより早く出来上がりました。

    今は雨の札幌ですが、お陰様で12時に自宅に到着!
    雨に当たらずに済みました


    100616_1142~02
    今日も良い子ちゃんでした


    関連記事
    14:08  |  水頭症メモ(10.4月から)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

    Comment

    ●はじめまして♪

    初めまして!いつもブログ拝見させて頂いています。
    我が家にも3匹の犬達がいます。13歳のポメラニアン&キャバリアのMIXと7歳のマルチーズ2匹(双子です)
    マルチーズの1匹が1歳過ぎから発作を起こし、まえたに動物病院へ通っていますが数年前えのもと動物病院を紹介され検査をし水頭症とわかりました。
    現在は、毎日朝晩のお薬そしてたまに起こる発作と戦っています(T_T)13歳の子も先日から病院三昧の生活!いままで元気でいてくれたのですが年齢的な面からか
    心臓も悪くなり何度か発作も起こし最近では、入退院の繰り返し、2度程覚悟してくださいまで言われましたが
    現在も頑張ってくれています。我が家はみんな昼間は仕事に学校と居てあげられない生活の為日々心配な毎日です。いつもブログを読ませて頂きながらとても冷静な対応・判断に関心させられています。
    私は、自分自身とても精神的に弱く犬達に何かあると
    自分自身がうろたえてしまいその後眠れないなど・・神経的にダメになってしまうんです(@_@;)いつもブログを読ませて頂くたびにしっかりしなきゃと心に言い聞かせながらいるのですが・・・・まったくダメな飼い主です。
    初めてのメールこんなに長々ごめんなさい。
    ブログ私自信の心の支えになっていますので
    これからも読ませて頂きます。
    頑張ってくださいね

    ワンママ |  2010.06.17(木) 00:54 | URL |  【編集】

    ●ワンママさんへ

    はじめまして♪
    お声を掛けて下さってとても嬉しいですe-420
    そして、いつもブログを見て下さり、ありがとうございますe-266

    ワンママさんのお宅のワンちゃん、7歳と13歳で病気と闘いながらとても頑張っているんですね。
    しかも、まえたに動物病院に通われているんですね~!!
    柄本先生のもとでの検査、そして前谷先生のもとでの治療となると心強い!!
    まえたに動物病院は、心臓にも強いですしネ。

    でも、発作が起きると動揺してしまいますよね、、
    発作中は犬を不安にさせないためにも「大丈夫!大丈夫!」と気丈に振るまいますが、発作が治まってから急に足がガクガクしたり、ドキドキしながら部屋の中を歩き回ったり・・・一気に緊張と安堵が入り混じった状態になったりしますv-356
    何度経験しても慣れないものです、、
    そして、いつものパターンと違う発作などの時は私自身、この子を失うんじゃないかという恐怖心からか?・・・気を失いそうになることも実はあるんです、、なんかこう、一瞬にして血の気が引いて胸がギュっと熱くなって意識がフッと・・・。


    冷静な対応と判断・・・
    私に出来ているのかわかりませんが・・・
    それが出来ていたとしても・・・
    逆に、うろたえたとしても・・・
    その時の私たち飼い主の気持ち(願い)は、犬たちに良い意味で通じているような気がしますi-228
    だから、「ダメな飼い主」なんてことは絶対に無いですよー!!
    犬たちからは、頼りになるママさんなんだと思いますョv-344

    このブログが心の支えと言って下さりとても嬉しいです。
    お役に立つような情報があるかどうか・・・はわかりませんが^^;;
    これからもどうぞ宜しくお願い致します。
    そしていつでも声を掛けて下さいネ。サイドバーに、私の携帯に届くメールフォームもありますし^^

    お互い、心配は尽きませんが、可愛いわが子の為にがんばりましょうネ!
    BBT |  2010.06.18(金) 12:40 | URL |  【編集】

    コメントを投稿する

    URL
    コメント
    パス  編集・削除するのに必要
    非公開  管理者だけにコメントを表示
     
     | HOME |