*All archives   *Admin


    2010年11月05日(金)

    ジュエル病院の日と、また発作(今月2回目)

    今日はジュエルの定期検診の日。
    北海道はもう寒いのでカートは片づけていたんですが、やっぱりカートで・・・と思い、また出しました。


    玄関で
    101105_0951~01


    3枚の重ね着で出発で?す
    101105_0954~01


    もちろん、レンジでチンするあったかピローも一緒に。贅沢にも2個使い
    101105_1051~01


    地下鉄 乗車中はひたすら寝ます。
    101105_1326~01


    JRに乗り換え 北海道はね、外は寒いけど建物の中や乗り物の中はポカポカと暖かいんですョ。
    101105_1257~01


    手稲駅に到着して驚いた。。。


    寒い、、寒すぎる、、



    病院へ着いて、待ち時間にイビキを掻いて寝始めました。
    とにかくよく寝ます。というか、午前中は「寝」の時間ですから。
    101105_1110~01



    今日はテディも連れて行かなくてはいけなかったんですが、昨夜のジュエルの発作もあり今日はジュエルだけにしました。
    でも、テディのオチッコ持って行きましたので検査して頂きました。
    今回もオチッコに血が混じっているのと、結石が見られました。
    先生もシッカリ検査したいと仰っていたので、次回は絶対にテディを連れて行かなくては。


    そしてジュエルの診察。
    まずは、昨夜の発作報告。
    そして、エコー検査。
    今回も肝臓に気になる箇所あり。
    「以前のエコーも良いものだったけど、時代の流れはあって・・・やっぱり新しいものは良いです。」「ジュエルの肝臓、エコーが変わったから、この怪しい部分が見えるようになったのか、それとも最近になったものなのか・・・しばらくの間、要観察ということで、胆のうのほかに肝臓もこれから気にかけて一緒に診て行きます。」

    あとは、あれこれ色々お話したのですが、ここに書くまでもない内容です(笑)


    14時ちょっと前に家に着きました。
    ジュエルは24日分のお薬を頂いているので、今月はもう1回 病院です。




    15時11分
    ジュエルの奇声で発作に気が付く。
    突っ張り・硬直・意識なし。いつも何度も強く力むんですが、この瞬間ていつも嫌です。

    15時14分
    硬直は解れ、放心状態のままお顔のチックと手足の痙攣。意識あり。

    15時15分
    不自然な体勢のままボーッと。

    15時19分
    自力で体勢を変える。

    15時22分
    私の膝の上で立つ。シッカリとして来たので歩行確認。
    ヨタヨタだけど、歩行が可能。


    昨夜の発作に引き続き、今日も発作。
    しかも昨日と同じく今日もテンションが高かった。
    まだテンションが高いので油断禁物ですが、このまま落ち着きますように!

    関連記事
    16:47  |  水頭症メモ(10.4月から)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

    Comment

    2つも更新されてる♪と思って開いたら…ジュッくん…可哀想に
    でも、以前に比べたら発作の間隔も空いてるような。
    久しぶりのジュッくんの真正面顔
    可愛いです

    点々もユルく元気です
    これまで療養食づけでしたが、食べたがるモノを食べるだけあげてます
    お薬&療養食も続けてますが。
    でも…吐く間隔…たいして変わらないんです
    ってことは…美味しい食生活送った方がいいじゃん♪ってことですよね

    ジュッくんも点々も、まだまだノンビリ楽しむぞっ
    マロ点 |  2010.11.05(金) 21:39 | URL |  【編集】

    ●マロ点さんへ

    点々ちゃん、頑張ってますね~!!
    変わらないのなら、美味しい食生活がもちろん良いですよね。
    それにしても20歳を超えているだなんてビックリですよ!
    長寿の秘訣を是非お聞きしたいです。

    ジュエル、その後にまた発作を起こしましたが、今は落ち着いています。
    いつもありがとうございます。
    BBT |  2010.11.06(土) 21:37 | URL |  【編集】

    コメントを投稿する

    URL
    コメント
    パス  編集・削除するのに必要
    非公開  管理者だけにコメントを表示
     
     | HOME |