*All archives   *Admin


    2011年03月22日(火)

    無事に。

    父方の親戚は、北海道は函館方面。本州は青森をはじめ東北に多くいます。
    今回の大津波で仙台の親戚が亡くなりました。そして昨日、無事に火葬が済んだと母経由で連絡が来ました。
    遺体発見から火葬までの間、遺体が安置されている会場に足を運び、自分たち(身内)で毎日ドライアイスを入れなくてはいけなく、それが随分と大変だったようです。
    やっと火葬の順番が来て火葬が済みましたが、法要はこういう事態ですから、個別でという訳にはいかないらしく、「合同」じゃないとダメなんだそうで、まだ何も出来ていないそうです。
    でも、こういう事態ですから、おばちゃんの遺体発見と火葬が出来ただけでも有難いことですよね、、


    おばちゃんの住んでいた地区は、以前に3回の津波があり、どれも防波堤で食い止められており、住宅のほうまでの被害というのはなかったそうです。それもあり、今回も避難をしなかったのではないか・・・とのことです。


    地震と津波・・・
    北海道:太平洋沿岸の私の実家のほうも地震が多い地域で、私自身もモノが倒れたり割れたりの地震の経験があります。
    でも、津波は経験がありません。子供の頃から津波警報のサイレンがよく鳴っていましたが、他人事のようで しかも耳が馴れてしまっていました。
    実家のほうの港は今回、多くの船や車が流され大変です。
    今回の大津波を経験に、他人事だった人も 今まで以上に注意報や避難命令には耳を傾けるのでは…と思いました。





    被災地は復興に向け賢明な作業が続いていますが、原発のほうも心配ですね、、
    みんなの祈りと、現場で活動されている方々の努力が報われますように。。





    ぐっすり?なジュッ君
    11.jpg


    関連記事
    14:15  |  私のあんなことやこんなこと  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    Comment

    コメントを投稿する

    URL
    コメント
    パス  編集・削除するのに必要
    非公開  管理者だけにコメントを表示
     
     | HOME |