*All archives   *Admin


    2011年06月30日(木)

    夏越の大祓(北海道神宮)

    毎年、「夏越の大祓に行かなくちゃ!」と思うのになぜか忘れてしまって、気が付くと7月でした。
    でも今年は 友達と具体的に計画を立てて(ランチはどこで食べる?とか・笑)、6月30日を待ちました。

    今日でちょうど半年。
    過ぎた半年の厄、災いを祓い、無事を感謝すると共に、残る半年の無病息災、健康を祈り、神社におまいりする古くよりのならわしだそうです。
    20110630 164


    時間は、日没の19時に行われる神社が多いようですが、北海道神宮は15時からです。
    1時間前に神宮に着きました。




    こちらは、初穂料2千円(神社により異なる)
    人形の紙が5枚入っていました。この紙に名前と数え年を記入し、息を吹きかけます。
    そして、この封筒に初穂料と人形を入れて、巫女さんにお渡ししました。
    人形ですけど、テディ達の名前も書いて来ました
    20110630 168
    裏には住所と名前を記入しますが、後日、神宮から封書が届くそうです。


    その後は、別な場所で大祓式。
    巫女さんから折り畳んだ白い紙を貰って参加するのですが、こちらは誰でも参加でき無料でした。
    20110630 173


    儀式のあとに、巫女さんから頂いたこの紙を左→右→左と掛けて、大きな包み紙で体をなぞり、穢れなどを落としました。
    20110630 170
    一気に紙吹雪が舞います~!!
    ・・・にしても凄い人数。多分500人近くは居たと思います。



    その後、神主さんを先頭にズラーっ並びます。おおよそ500人?
    向かう先はこちら・・・・

    茅の輪くぐりです。
    20110630 163



    「水無月の夏越の祓する人は 千歳の命のぶというふなり」と唱え、進みます。
    20110630 169



    20110630 167
    こちらは事前に写真を撮りました。(見ず知らずの方の後ろ姿が、、すみません、、)




    どれくらいの時間が掛かったでしょうか~ とにかく大行列でしたから。。
    3回目をまわったところで、本殿に向かいました。(ゾロゾロとこの行列のまま)
    皆さん、きちんと整列していたので混雑はありませんでした。
    でも、神主さんと巫女さんが先頭ですが、当たり前ですけど、この方々もこの列に並んで先導して下さるんですね~!1周ごとに並んで待っているのを見て驚きました。

    本殿でも儀式があり、巫女さんの舞や福鈴の音を聞いて、「いい~♪」と至福の時・・・
    そして、神様により近い神聖なる場所です。。



    帰りは、お守りを頂きました。
    「何人分ですか?」と聞かれたので、お犬様の分も頂いて来ちゃった(笑)

    これは、テディ・ジュエル・アラシの分ね。
    20110630 174


    そして、六花亭のお菓子も。
    20110630 175

    無料で、ここまで頂けるのは申し訳ないくらいです。




    帰りに、「せっかくだから、水無月を頂こう!」ということで、お友達と六花亭に寄り、水無月を買いました。
    20110630 177



    大晦日と6月30日の大祓。是非、また行きたいと思いました。
    (但し、来年の今日が暑い日だったら19時スタートの別な神社に行くかも。)


    心も体もスッキリ 良い経験でした


    関連記事
    20:51  |  神社仏閣  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    Comment

    コメントを投稿する

    URL
    コメント
    パス  編集・削除するのに必要
    非公開  管理者だけにコメントを表示
     
     | HOME |