*All archives   *Admin


    2011年07月09日(土)

    「みしるし」と「おさがり」:(北海道神宮)

    なんと今日は、3回目のブログ記事UPで~す!



    6月30日。北海道神宮へ夏越の大祓に行った来ました。
    その時の模様はこのブログにもUPしましたよね。
    「夏越の大祓(北海道神宮)」

    今日は、神宮からこのような封筒が届きました。
    DSC_0222.jpg



    封筒の中には、「みしるし」と「おさがり」というものが入っていました。
    この神事には、今年はじめて参加したので詳しくわからなかったのですが、住所と名前を書いてきたのは、こういうことなのか・・・と。。



    向かって右が「みしるし」。 向かって左が「おさがり」
    DSC_0221.jpg
    御神前にお供えされていた「おさがり」。昆布でした。(とろろ昆布)
    さっそく皆で頂きます。


    「みしるし」の裏に入っていた紙にこのようなことが書かれていました。


    大祓について 北海道神宮

    大祓(おおはらえ)と申しますのは、半年間の罪穢(つみ けがれ)を祓い清める大きな祓い、又は国中の罪穢(つみ けがれ)を祓い清める大きな祓いと云うことで私達の生活している世の中の穢(けがれ)を祓い清め、人々が健康で明るく、正しい生活を営むことができるように、神様のご加護をいただくための神事です。
    日本の国では昔から六月と十二月の晦日に大祓の式が行われて半年間の罪穢(つみ けがれ)を祓い、新しい生活への無病息災を祈る慣わしになっています。
    特に六月の大祓は、夏越の祓(なごしのはらえ)・水無月の祓(みなづきのはらえ)とも云われ、これから暑い夏を迎えるにあたり、種々の災厄を除くために、茅の輪くぐりの神事として広く行なわれてまいりました。
    茅の輪をくぐり身を清め、家内安全・無病息災をお祈りしたしるしとして、この茅の輪をお領ちいたします。




    このような年に、このような神事に参列できて良かった。
    3月の震災は、事前に大きなエネルギーの動きをキャッチしていたけれど、イメージ的には「大地」というより、「地球」といった感じで、地球そのものから伝わって来ていました。そして、地球本体の浄化を感じました。
    もっと書きたいことはあるのだけど、やめておきますが
    となると、本当に書きたいことが書けなくて、歯がゆいのですけど、、

    でも、やっぱり書けませんね。。時期をみていつか続きを書くことにします。
    というわけで、前置きだけになっちゃったけど


    話は戻りますが、皆さんも機会がありましたら、お近くの神社の大祓式に参列してみてくださいね。なかなか良い神事でしたョ☆

    関連記事
    17:20  |  神社仏閣  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

    Comment

    続き・・・気になる~。
    いつか時期が来たらぜひ読ませてくださいね☆
    まみ |  2011.07.15(金) 00:57 | URL |  【編集】

    ●まみさんへ

    そっか・・・・
    気になりますよね、、
    ご実家、大分落ち着いていることを願います。
    まゆみ |  2011.07.17(日) 23:27 | URL |  【編集】

    コメントを投稿する

    URL
    コメント
    パス  編集・削除するのに必要
    非公開  管理者だけにコメントを表示
     
     | HOME |