*All archives   *Admin


    2011年09月09日(金)

    2つめ♪ (和子さんへ)

    昔から太古のシャーマンに強く心惹かれる私です。えへっ


    今日は2つめのフェザーワンド(スマッジングファン)を作って来ました。
    もう1つ、どうしても必要で、『近いうちにフェザーのワークないかな~?』なんて思っていたんです。


    フェザーワンドと繋がる瞑想や、楽しいことが盛り沢山のこのワーク。

    窓口は、札幌のヒーラーさんなんですが、このヒーラーさんとは面白いくらいに何度もバッタリと会います(笑)
    そして、フェザーワンドを教えてくださる方は、以前のフェザーワークや神聖幾何学でもお世話になった関東の方です。


    今日は。。。
    大人4人、子供2人が参加です。(希望したので、札幌のヒーラーさんがこのワークを用意して下さいました。)
    今回、オーラソーマをやっているお友達の子供(中学2年の男の子と小学3年の女の子)も一緒に参加したんですが、石はもちろんの事、スピが大好きな子供たちなんですよ~!石の名前とかビックリするくらい知ってるんです☆
    親子で楽しく参加出来るなんて良いですね♪
    子供たちは体験価格で参加させて頂きました。(これ、素晴らしいと思います。)




    こちらは、2月にはじめて作ったフェザーワンド
    110224_1813~01



    そして、今回はこのフェザーワンドを作って来ました
    前回と同じく、羽・木・石・革を使っています。
    DSC_0180.jpg


    前回よりボリューム満点!(全長38センチ。横15~20センチ。)
    DSC_0183.jpg





    自分で作るワンドはパワフルなんだそうです。そして、自分自身の本質も出るのだそうですよ~!
    リーディングもして頂きました。

    シャーマニックな要素がありますねぇ~。のあとに。。
    ☆母なる大地と一体。(繋がっている。)
    ☆女神の豊さがある。
    ☆美しさ
    それぞれの説明をして頂きましたよ~!


    「母なる大地」・・・
    地球と繋がるグラウンディングの「誘導瞑想」が私はとても苦手だったんです
    地球に根をおろして・・・・とか手順を言われるのが、どうも苦手で・・・・
    で、なんで苦手なのかな?とふと考えて出た答えが、「私はいつも地球と繋がっているから。」でした。
    地球と繋がっていることが、自然で当たり前のようになっていました。

    なので、その誘導される過程で戸惑っていたんです。あれ?地球と離れてまた繋がったほうがいいのかな?でもどうやって離れる?チャクラを閉める?とか、あれこれ無意識に考えていたんです。
    それを以前に和子さんに相談した時、「それが一番理想的(地球と常に繋がること)」と言って頂き、「自分のペースで進んでいいんですよ。」との答えを頂き、ホッとしたんです。
    今日は、それが再確認できた日でもありました。

    あとは、シャーマニック要素について・・・
    これは、和子さんと全く同じことを言われました。



    他にお友達2人と、子供2人のリーディング。
    子供たちのリーディングは、フェアリーの話しとか出ていて可愛かったです
    そうそう!瞑想中に何か視えた?って聞いたら、光とか麦畑とか視えていたようですよ~!麦畑には最初、黒い人がいたけれど、だんだん光に変って行ったそうです。




    大人4人のワンド(大きな白い羽が写らなくて残念!)
    DSC_0179.jpg



    子供たちのも一緒に☆
    DSC_0178.jpg
    あ、この時、私のだけまだエネルギー入れてません~



    充実した楽しい一日でした



    精神世界で出会う方々には本当に恵まれています。
    和子さんにも、「良い方々に出会ってますね。」と言われましたが、私は何より和子さんとの出逢いが大きな転機です。
    来春で和子さんに出会って丸5年になりますが、セッションをして頂き、それからご縁があることは本当に嬉しい限りです。

    DSC_0175.jpg
    (うぅ~、、白い羽が写ってないけど~)


    このフェザーワンドの使い方として、和子さんから素敵なヒントを頂いているので試してみようと思います


    ということで・・・和子さん。
    今回は、こんなのを作って来ました~!!
    フェザーと繋がるのもバッチリでした


    関連記事
    23:55  |  アニマル・コミュニケーション  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    Comment

    コメントを投稿する

    URL
    コメント
    パス  編集・削除するのに必要
    非公開  管理者だけにコメントを表示
     
     | HOME |