*All archives   *Admin


    2012年01月07日(土)

    やっぱり、淋しい。。

    たくさんたくさん、ありがとうございます。
    ジュエルのことを考えると、悲しみはないんです。辛い感じもないです。
    でも、肉体が無いので、触れない、声が聞けない、ぬくもりを感じれない。など。。。で淋しいんです。
    時より、ポロリと涙が出て・・・
    でも、ジュエルの写真を見ると、「ふふっかわいい」と笑顔になったり。


    そんな私のために、今日は夕方から街へ出て、デジタルフォトフレームを買って来ました。
    DSC_0814.jpg
    画像なら、1000枚ほど保存できるようですね。
    気が付けば、PCから535枚も入れていました☆
    スライドショーになるので、これでいつでも「ふふっ」ってなれるかな




    周りの方々から、「腕の中で逝ったのが何より。」と言われます。
    本当にそうだと思います。
    ジュエルの最期は、いつも考えていて、先生も「この子が発作が止まらなくなったら…」などの話をされ、病院で逝ってしまったら・・・とか、留守の間に・・・とか、最悪な事態ばかりを心配していましたから、私の腕の中で逝ってくれたのは、本当にジュエルには感謝です。
    そして、全く苦しまずに静かに逝ったこと。。
    これは今までのジュエルを考えると、まず考えられない状態ではないでしょうか?

    以前のアニマルコミュニケーションで、ジュエルの寿命は超えているとのことでした。
    ジュエルは、この日を自分の死と選んだ理由もなんとなくわかります。(この辺りは和子さんに聞いて頂きます。

    本当に凄い子。。。。



    あまりにも調子が良かったので、本当はまだまだ生きて行けたのではないか?とも思いましたが、多分、伸ばして伸ばして、今だったんでしょうね。。
    これまで「死」を覚悟したことは何度とありましたから。
    それに、ジュエルの手術の時もそうでした。
    ジュエルには水頭症の手術が必要と言われ、その成功率が五分五分と知り、ずいぶんと悩みました。
    手術が成功すれば完治。成功でなければ、死か、現状と変わらない状況、etc。。
    そんな状態で、手術の決心がつかず、「手術する!」と決めてみたり、「手術はしない!」と決めてみたり。。
    そんなことを当時、ブログに書いていました。

    そこに和子さんから1通のメール。
    なんと!ジュエルの手術のことを聞いてくれていたんです。(以前、ブログに書きました。)
    その時のジュエルの答えが、「手術は無し!」
    この言葉を聞き手術をやめ、服薬治療のみにしました。のちに、先生も「ここまで調子が良いと、逆に手術をしていじるのは。。」と言ったほど☆
    なんとなくですが、ジュエルはココのこの時から、流れがポンッと変った気がするんです。
    そして今後について、私の意思を固くしたのでした。
    この流れは、和子さんと出逢っていなかったらなかったので、和子さんには本当に感謝しています。



    柄本先生に出会いえたこと。和子さんに出会えたこと。
    私はジュエルと暮らしていく中で、このお二人の出会いはとても大きくて、大きな支えとなった存在でした。
    死後、和子さんとお電話でお話をして、ずいぶんと気持ちも楽になりました。
    でも、このお二人に出会わせてくれたのはジュエルでした。
    ブログでもそうです。たくさん応援して頂いて、パワーを貰い、励みとなりました。
    たくさんの出会いと、たくさんのことを教えてくれて、ジュエルは逝きました。
    それも、とーっても満足気な顔で逝ったんです。これは和子さんも感じたようです。
    なので、(私に対して)やることは全てやり、この世を去り、ジュエルは光となったのかな。と思っています。



    あ、ごめんなさい。なんだかまとまらなくて、支離滅裂な文章で。。
    とりあえず、こんな感じのことをいつも考えています。



    今日もお供花が届きました。
    DSC_0813.jpg
    ジュエルへありがとうございます。

    ツボミだったカサブランカも咲き始め、香りを楽しんだり、お花のお世話を楽しんでいます。


    テディとアラシにはね、和子さんから聞いたレメディを使ってみようと思ってます。




    ※和子さんとは「アニマルコミュニケーター アメリカ在住:太尾和子さん」



    関連記事
    23:55  |  水頭症メモ(11.4月から)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

    Comment

    そぉなんです。

    頭ではわかっている。
    肉体がない 温もりがない 声が聞けない そして日常呼んでた名前を呼べなくなる…

    ポロポロくるんです


    最近は当犬がいなくても ね~なつ子ーとか旅立った子達に声にして話しかけたりして


    ジュッくんと まゆみさんには感謝デス

    このブログに巡り会わなければ判らなかったこと たくさんありました。

    まだまだポロポロの波はあると思いますが その時はポロポロ出しきって下さいね

    ファイトッ p(^^)q
    森 |  2012.01.08(日) 00:36 | URL |  【編集】

    まゆみさん
    ご丁寧にコメントしてくれて
    ありがとうございます!

    まゆみさん 乗り越えようなんて今は考えずに、ゆっくり?とジュエルくんとの思い出にテディお兄ちゃん達と浸り、泣いたり笑ってみたり…今は一番それが大事じゃないかと思ってます。乗り越えようとすればするほど辛く悲しくなります。
    ジュエルくんとご家族は何時も一緒、何時でも一緒!(b^ー°)
    きっと、まゆみさんご家族の団欒の中に何時でもジュエルくんが優しい風を運んできてくれます!その時にジュエルくんの温もりや感触を感じられる瞬間が来るはず…
    まゆみさん、アナタは素敵なママさんです♪
    きっと まゆみさんは健在だと思います!
    応援してますね!(b^ー°)
    kao仔 |  2012.01.10(火) 01:54 | URL |  【編集】

    ●森さんへ

    ホントにそうなんです。。。
    和子さんの講演会をこれまでに全て聴いて・・・
    そして、日常会話でも、死のお話をしてたりして・・・
    「死」に対する認識はずいぶんと変っているので、理解はしている(つもり)ですが、やっぱり姿やぬくもり・・・
    これが無いのは随分と淋しいものですよね。。

    でも、当の本犬、全くそうは思ってないんですよね。
    まずは、20日のアニマルコミュニケーションでジュエルからのメッセージを聞いてみますね。

    森さん、本当にありがとう。

    まゆみ |  2012.01.16(月) 23:56 | URL |  【編集】

    ●kao仔さんへ

    kao仔さんからこちらのメッセージを頂いてから、このメッセージが私の中でとても励みになっていました。
    本当にありがとうございます。

    今は自然の流れに身を任せています。
    どういう訳か、ここ数日はスッキリとしていますが、まだ波があるようです。
    たぶん、しばらくはこの繰り返しなのでしょうね。

    ジュエルをフッと感じる時・・・
    優しくて・・・そして、「楽しい」のイメージなんですョ。
    それを感じた時は私もとても落ち着いて、笑顔になります☆

    まゆみ |  2012.01.17(火) 00:01 | URL |  【編集】

    コメントを投稿する

    URL
    コメント
    パス  編集・削除するのに必要
    非公開  管理者だけにコメントを表示
     
     | HOME |