*All archives   *Admin


    2013年06月22日(土)

    テディの病院(アレルギー)

    今日は珍しく2本立てのブログです~


    t.jpg

    この半年?いや、一年くらいになるのかな?
    テディのお鼻のグジュグジュ。。
    食事をキッカケに、お鼻がグジュグジュするんですよね。
    それが、ドライフード(療法食)であっても、手作り食でも。

    だから、歯からくる炎症で、お鼻に影響しているのかな?なんて考えていたんですけどね。。

    そのグジュグジュ、酷い時は呼吸困難になるんです。
    で、昨夜、酷い呼吸困難になってパタッと倒れて痙攣。
    ハッキリとした原因がわからないので、今日、テディを連れて病院へ行って来ました。


    受付では、(今までジュエルは院長先生だったので)「院長先生だと待っている方がいるので結構待ちますが、院長先生が良いですか?」と聞かれました。
    院長先生は重篤な子を診ているのを知っていますので、もちろん、それはお断りしました。
    数名の獣医さんがいるので、こちらは副院長先生をご指名で。
    副院長先生には、これまでにテディは何度か診察して頂いてますしね。

    しばらく尿を持って行ってなかったので、今日は尿を持参。
    膀胱炎、シュウ酸カルシウム結石、ストラバイトを持っているテディ。
    シュウ酸とストラバイトなんて、ややこしい子ですよね~
    やはりキラキラな結石と、血が混ざっていましたが、『この子は、こういう子ですから、これからも上手く付き合って行くしかないですね。」と。
    ホント、そうなんです。


    で、グジュグジュと呼吸困難の原因はアレルギーとのこと。
    手作り食も療法食、どちらも同じ症状が出るんですが、その何かに反応しているのだろうと。
    そして、「アレルギーは突然出たりもしますから。」と。

    病院ですすめられたドライフード(療法食)を食べていたテディですが、現在は手作り食。
    結石を考えたメニューです。そして、時々、療法食。

    そのことを伝えると、『手作り食をあげているなら、療法食をあげる必要はないですよ。』とのこと。
    そして、手作り食に入れる食材のアドバイスを頂きました。
    男性の先生なんですけど、食材に詳しくて感心しちゃいました(笑)

    でも嬉しいです。手作り食を推奨してくれたので。

    工夫方法を教えて頂いたので、まずは、色んな工夫をしながら様子見に・・・。



    そうそう!!
    待合室では全く問題なかったのに、診察室に入った途端、ぷく~っとお顔が腫れて来たテディ。
    もう、目の周りなんかも真っ赤。
    「えぇ~!ウソでしょ~!!」と
    副院長も「病院アレルギー」とか言って笑ってましたけど、何かに反応している模様。。。
    結局ね、ステロイドを打つことに~
    テディは、クッシングでもあるので、そこのところで、ステロイドを使うことの説明もして頂きました。
    (クッシングに関しては、治療をはじめた際にお薬のアレルギー反応が出たため現在は中止しています。)




    えっと・・・
    診察中に院長先生がヒョコッと顔を出して下さって・・・
    ニコニコしながらテディのカルテを覗き込んでいました。
    ジュエルを診て頂いた以来ですから、1年半ぶりです!!
    お会い出来て嬉しかったなぁ~
    ジュエルが逝ったとき、お電話で院長先生に伝えていましたし、お礼も言っていましたから、今回は敢えてジュエルの名前は出さなかったです。
    なんとなく、これでいいんだ。と思いました。
    忘れ去るとは違いますョ。
    054.jpg
    ジュエル


    関連記事
    22:14  |  テディの症状・経過・病院  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    Comment

    コメントを投稿する

    URL
    コメント
    パス  編集・削除するのに必要
    非公開  管理者だけにコメントを表示
     
     | HOME |