*All archives   *Admin


    2015年04月27日(月)

    嵐くん(その1)

    今日の札幌、気温が20度を超えるそうですね。
    でもまだお山には、肉眼でもハッキリわかるほど雪があるので、この雪があるうちは風がまた冷たいのです。
    ですが~!風が無ければ、暑いくらいになりそうですよ~

    そんで!
    ついに私の住む月寒地域でも、桜が咲きました☆。.:*・゜
    今年は本当に早いですね!


    そうそう!
    明日はチベットフェスティバル!
    お友達とカツ丼ランチ&成田山で午後から楽しんで来ます(*´ω`*)
    ポカポカ陽気だといいなー♪




    嵐が天国へ旅立って、早いもので2週間が過ぎました。
    前日まで、普通に過ごしていました。
    食欲もあり、便も普通でした。
    本当に何も変わりなく・・・・・。


    4月11日(土)
    この日は午後からセミナー予定でした。
    朝、9時半に目覚めると(ほんとにね、朝が遅いんです、私)、テディがベッドで寝ている嵐を覗きこんでいました。

    その時、異常に気が付かず、「おはよー」と声をかけて、テディたちのごはんの準備を始めると、いつもと変わらずテディが私の所にトコトコと嬉しそうに歩いて来ました。

    ごはんを持って嵐の所へ行くと、背中をこちらに向けてまだ寝てる、、
    「あーちゃん、ごはんだよー」
    と声を掛けるも頭だけをこちらに向けますが、様子が変。。






    顔面を含め、全身の痙攣を起こしていました。
    この時で9時40分~45分くらい。
    ご飯を食べ終えたテディがまた覗きに来ます。

    間もなくして、嵐の動きが激しくなり、寝たままの状態で走るように手足を動かしはじめました。
    意識がどんどん薄れて行く感じがあり、昏睡状態に入って行ったように見えました。
    そして、その状態を見ながら、病院には間に合わない!と何故か思いました。


    10時。嵐は息を引き取りました。


    狐にでも摘まれたような出来事でした。
    そして、あっという間の出来事でした。


    いや、私には、あっという間の出来事でしたが、いつから嵐が痙攣を起こしていたのか、わかりません。
    朝目覚めて、視界に入って来たのが、嵐を覗きこむテディの姿。
    ジュエルの異変をいつもいつも感心するくらい、すぐさま私に教えてくれていたテディがなぜ今回、嵐の異変を私に何も教えてくれなかったのか・・・・・
    本当に不思議でなりませんが、これがテディの判断だったのだろうと思っています。
    私、テディのことを本当に信頼してますので。



    お友達が、そうっと玄関にお供花を置いてってくれていました。
    ありがとう。








    12歳8ヶ月の短い命。


    つづく・・・・・



    関連記事
    11:23  |  アラシの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑
     | HOME |