*All archives   *Admin


    2015年06月12日(金)

    入院と退院、そしてその後。

    【自分メモ】

    シュウ酸カルシウム結石と、ストルバイト結石、そして慢性的な膀胱炎。
    これに長年、付き合ってきているテディです。
    シュウ酸カルシウム結石については2008年6月に一度、手術で取って頂いてましたが、すぐに再発。
    現在確認出来ているのは、膀胱に7個。おちんちんの尿管に3個です。


    膀胱炎による血尿も当たり前のようになっていました。
    これと上手く付き合って来ていましたが、、今回は血尿の色がね濃いの、、
    しかし、利尿作用を促しても、あまり動きたくないみたいでオシッコしに行くのも面倒そう・・・
    だから、我慢しちゃうみたいでオシッコの回数は決して多くないんですね、、
    その分、濃いー血尿がたっぷりでます、、悪循環ですね、、
    なので普段は、オチンチンが濡れてたら、おトイレに連れて行くこともあります。そうすると、するんですよね。面倒くさそうに、、


    そんなんで
    様子を見てましたが、なかなか良いほうに変わってくれないので、9日の日に病院に行って来ました。
    fc2blog_2015060916592947b.jpg
    (病院の待合室で)

    テディも長年通っている病院。
    ジュエルの主治医だった院長先生に今回は診察をお願いしました。
    今回のテディの体重は2.4キロ。
    やはり、診断は膀胱炎。特に大きな問題はなさそうでした。
    念のため、レントゲンを撮りました。
    4年も5年も前と全く同じ状態のシュウ酸カルシウム結石の位置で確認出来ました。
    しかも、レントゲンに見える石は増えていませんでした。
    ただ、7個膀胱にあるはずなのに、6個しかありません。
    残りの1個は見えないところに移動している可能性も・・・とのことでした。

    血液検査もしばらくしてないので・・・とのことで、夏頃までには改めて診療することにして、1週間分のお薬を頂いて病院をあとにしました。



    なにせ、往復3時間という遠い病院ですからね。。
    JRに乗って、地下鉄に乗って・・・やっとお家に着いて、
    テディも、「おしっこ~☆」 とおトイレに走って行きました。

    が、


    出ない!!


    何回も踏ん張りますが、出ない、、


    お鼻を鳴らして、、踏ん張りすぎて、オナラも出ちゃうんですが、それでも出ない!!


    すぐ病院に電話。
    状態をすぐに察し(前回はこの状態になり手術をしています。)、病院にきてくださいとのこと。
    このときで13時30分でしたが、すぐ病院へ向かい、着いたのは15時です。
    (幸い、レントゲンで膀胱の様子を見てましたから、オシッコの溜まり具合などからみて、移動時間は問題ないとのこと。)
    ただ、途中、電車の中で吐いてしまいました。

    レントゲンを撮りなおしましたら、さきほど撮ったレントゲンとは全然違って、膀胱にあった石が全部移動しちゃってました!
    それで尿管が塞がれてしまったんですね、、
    色んな方法の説明を聞き、すぐにカテーテルで石の位置をずらす試みを。
    うまい具合に、膀胱に10個の石を移動出来ました。
    でも、これもすぐ移動する可能性もあるそうで、、
    もうね、どうなるかは様子を見るしかないの。
    とりあえず、管をいれたままの状態で1日様子を見たいとのことで、入院になりました。

    血液検査も行ったようで、結果は特に問題はありませんでした。
    (一部の数値が上がってましたが、オシッコが溜まっていたのが原因と見られ、それもあり嘔吐に繋がったとのこと。オシッコを出したあとは数値も戻るだろうとのことでした。)


    今回は、「テディがまだ10歳くらいなら、このまま緊急で手術をしています。16歳という年齢なので、他の方法でまず考えてみて、それでも無理なら手術を」というお話でした。

    メンタル弱い子なのでとても心配でした、、
    身体に遠隔でテディにヒーリングをしました。



    翌日10日
    朝に病院に電話した時は、夜ご飯を吐いてしまっていたようでしたが、朝ごはんは問題なく食べたということ。
    入れていた管が少し抜けていて尿が漏れてしまったそうで、朝の段階で管は抜いたそうです。

    ここからなんですよね。

    管を抜き、石が動きやすくなりました。
    このまま膀胱から動かずにいてくれたら退院。。。

    夕方、私は病院に行きました。
    その時に再度レントゲンで石の位置を確認。

    石は膀胱から動いていませんでした。

    ということで、このまま退院となりました。


    が、


    病院から我が家まで片道1時間半。
    (※自宅近くに信頼できる病院がないため、遠くまで通っています。)
    振動で石が動いたら大変!!と、そんなことはないのかもしれないけど、とっても慎重にテディを抱えて帰って来ました。

    お家に着いて、オシッコしてくれました♪
    もう嬉しくて嬉しくて拍手いっぱいしました(笑)

    でも、油断できないんですね、、
    本来なら手術で摘出しなくてはいけない石。
    16歳になるテディに、手術はやっぱり避けたいと思うのです。
    だから応急処置をしたまま・・・
    どうか!どうか!このまま動きませんように!と願うばかりです。

    院長先生からは、血尿だろうがオシッコが出てさえしてくれれば大丈夫です!と。
    ほんと、そう・・・。


    帰宅後のテディですが、とっても弱々しい感じでした。
    寝ようとしても緊張しているような感じでしたが、一夜明けてみると、いつものテディに戻っていました。



    昨日、タンポポちゃんとも仲良く。
    fc2blog_20150612003151510.jpg

    fc2blog_20150612003200027.jpg


    移動や慣れない環境で疲れもあり、寝ている時間もいつも以上に長かったです。
    fc2blog_20150612003208828.jpg

    とりあえず今のところ、おしっこは順調に出ています。




    そして今日。
    おしっこは出ているものの血尿。
    一日1回のお薬で昨日の朝に飲ませたので、お薬の効きがなくなったとこ?

    それにしても今日は本当に調子が悪そうです、、
    歩く時も足がもつれちゃって…、、
    膀胱炎からの痛み?
    石が動いちゃっての痛み?
    それとも疲れが溜まっちゃってて、、?

    もう、、なんでしょうね、、とにかく心配。。



    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


    関連記事
    14:32  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑
     | HOME |