*All archives   *Admin


    2015年06月13日(土)

    昨日と今朝のテディの様子

    昨日は朝から絶不調のテディでした。
    でも朝から出掛けなくてはいけなくて外出したものの、やはり予定を変更してすぐに帰宅しました。


    病院へ行った日から退院までのハードさ。
    移動と慣れない環境への対応は、老犬にはキツかったようで・・・
    特にテディは、病院で安静に・・・というよりも、病院では管を入れられたり、大嫌いなレントゲンを何度も撮ったり・・・
    何より私と離れることが大のストレスとなるテディにとっては、本当に大変な時間だったように思いました。

    8歳の手術の時とは全く状態が異なって見え、手術はないけれど、今回のほうがやはり負担が大きかったように見えました。

    たくさんの疲れを抱えていたので、随分と寝ました。

    ただ、起きておトイレに連れて行き、少し歩かせてみると、足がもつれたり、フラフラだったり。
    一番気になったのは背中を丸めていたことでした。

    案の定、夜になり寝ていたテディが「キャンッ!」と。
    触ろうとしてもまた「キャンッ」て、、
    そういうのが何度かありました。

    石が動いて悪さしてるんだな、、と思いました。
    そして、尿道を塞がないことを強く願う・・・。

    ベッドに入って寝る頃には、自力で立つ力もなかったようでした。
    幸い、呼吸が深かったです。
    とにかく「休ませる」ことを一番に考えました。


    一夜明けての今朝。
    自力でベッドから下りて、おトイレに行っていました。
    とっても嬉しかったです。
    そして朝ごはんを待っています☆

    背中はまだ丸めていますが、昨日ほどではありません。
    昨夜、痛みからか嫌がった抱っこも今朝は平気でした。
    何より食欲があることが心強いですね。

    今は朝ごはんを食べたあとなので、いつものように寝ていますが、午後からも変わらずこの状態でいてくれたらな~って思います。
    1週間後には病院。この日まで行かずにすむのならそうしたいです。今回、テディを見ていて、病院へ行くことが凄く負担が大きいのだと改めて実感しました。
    何はともあれ、今はオシッコが出ています。
    院長先生が言っていたように血尿であってもオシッコが出ていれば大丈夫。
    その言葉を胸に、午後からも見守って行きたいと思います。


    PS
    さっきまで寝ていたテディが今ふと見たら、目を開けて私を見ていたので
    fc2blog_20150613105255211.jpg
    いつも顔に心情が出る子なので、わかりやすいです。


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ




    関連記事
    10:50  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑
     | HOME |