*All archives   *Admin


    2004年05月17日(月)

    最後のお別れ…

    今日は1時に霊園の方がお迎えに来て、お経上げのあと火葬に入りました。
    最後のお別れは、やっぱり辛い、、この目で見るのも、この手で触れるのも、これが最後…
    涙が止まらなくて…でも一生懸命撫でてて…

    ボクには、皆さんから頂いたお花を一輪づつと、大好きな缶詰ご飯、そしてBBTのTシャツを入れた。
    「40分ほどお待ち下さい…」
    本当に最後のお別れ…

    力が抜けて待合室に戻って携帯電話を見た時、
    BBTの心情を察して、励ましのメールが数通入っていました。
    悲しみの涙とは別に、また涙…凄く嬉しかった。本当に嬉しかった。
    メールをくれた皆さん、どうもありがとう。

    ボクの火葬中はずっと見える所にいました。
    煙突から立ち上る煙を見ながら、また涙…

    「どうぞこちらへ…」
    お骨になったボク、、
    小さな小さなお骨の欠片まで拾う…
    思わず「こんな細かいお骨まで拾う人いませんよね、、」
    お寺の方はハケを差し出して、「灰なども入りますので、これを使って下さい、、」
    一人で小さな欠片まで拾っているので、かなりの時間になってしまい、お寺の方に「手伝いますね」…まで言われてしまいました…
    でも、時間を掛けててでも一欠片も残さず拾いたかったの…

    しっかりとしたお骨だったけど、やっぱり細くて小さい…
    骨壷にお骨が一杯になった時、最後の頭部を入れる為、体のお骨を砕く。
    そして顎と頭を砕かずに、そのまま骨壷に入れる…(ここのお寺は良心的なので頭部のお骨は絶対に砕かないの)
    リアルなお話しでゴメンナサイ、、

    骨壷を受け取り、葬儀は終わりました。
    そのまま骨壷を抱き、2階のブルの仏壇へ行きました。
    2時間くらいブルとボクの元でボーッとして帰宅しました。

    皆さんから頂いたお花で祭壇がいっぱいになりました。
    ブルとボク…一緒に並びました。
    明日、ボクの写真立て買いに行こうかな…


    BBTですが…
    皆さんがとてもBBTの事を心配してくれていて…
    でも今回は大丈夫です!!
    今回のボクの死は日ごと体力が弱ってくるのを見ながら覚悟が出来てきていました。
    そして、ブルの時と大きく違うのは、犬猫仲間がネットなどを通してお友達になり、親密なお付き合いをさせて頂いていた事。
    お電話やメールなど頂いたり、私の話しを黙って聞いて下さったり…本当に本当に励みになりました。これは大きく前回とは違うな?って感じです。
    皆さんに凄く感謝しています。どうもありがとう。


    画像…
    皆さんから頂いたお花に埋もれているブルとボクです。素敵なお花、本当にどうもありがとう。

    余談…
    陸邸からのお花が届いてボクの横に置いた時、なぜか陸邸のお花が一輪ボクの体の上に…
    凄く不思議でした。そのまま、そのお花をボクの腕の中に入れました。
    ボクも嬉しかったんだね。

    最後に…
    ボクへの思いは、ココへは書かず胸に秘めておく事にします。
    書きながら泣いちゃいそうなので、、





    関連記事
    20:09  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    Comment

    コメントを投稿する

    URL
    コメント
    パス  編集・削除するのに必要
    非公開  管理者だけにコメントを表示
     

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    この記事へのトラックバック

     | HOME |