*All archives   *Admin


    2006年06月25日(日)

    クールマット



    今日はお天気が良いです?
    運良く今日はお仕事お休みなので、朝からお洗濯&サークルも全部洗ってお掃除
    外にサークルやマットを乾しているので、気持ちがえぇ?
    こんなコトは、お天気が良い日にお仕事がお休みじゃないと出来ないもんねぇ

    で、今年の夏は冷夏だという噂が・・・。
    んが、暑くなる日は必ずやってくる ちゅうことでクールマットを新調。
    去年も5枚ほど購入してますけど、水を使うタイプ。
    あれって微妙に毛が湿るんでつよねぇ、、
    そんでもって我が家の男児達・・・
    オシッコをマットに掛ける=それを水分と見なし、マットが吸収。
    悪循環でし

    最近はアルミタイプの冷却マットも出てますねぇー。
    それはそれで欲しいんでつ。サークルの中でベットの横に置けるし、洗えるから衛生的。
    が、クッションみたいな冷却マットもあれば良くないか?とか思って色々探していたら、めっけた
    クッションタイプで、水も電気も使わない冷却マット
    どこだかの動物病院との共同開発だそうで。そすて嬉しいことに半永久的商品。
    マットは、冷たくなりすぎず、適温してくれるらすぃので購入してみた。
    手を当てるとひんやり感がある。要は熱を吸収してくれるってことっすね。
    ベッドの中にも入れれるし、バギーにも入る大きさなので、我が家には カバーは洗濯できるので更に
    クッションタイプなので、うちのシト達も違和感なく使ってくれそうなので追加注文するかなw
    ちなみに、我が家のキャリーは小さめなので入りませんが、カバーを外して中身を見たら、あらぁ?ステキ。半分に切れるぢゃない!ってことで、洗い替えのカバーも欲しいし、半分サイズのカバーなどなどを作れば問題解決だわぁ?。
    060625_1132~0001.jpg今回のオマケ・・・
    マルチビタミン・・・。
    テーちゃん、これ以上パワフル全開になったら大変だぁーっ
    てか、どんな形であれ?健康な何よりです


    関連記事

    テーマ : ペット用品 - ジャンル : ペット

    12:04  |  犬用品(グッズや本)  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

    Comment

    おひさっ。札幌も夏になってたのねん。

    以前、うちに水を使うタイプのクールマットあったんだけど・・・マットの裏側にカビが発生して、フローリングにもカビ発生。。。どえらいことに、なっちょりんした。。ので、、、裏側気をつけてちょっ

    junjun |  2006.06.25(日) 15:48 | URL |  【編集】

    ●お返事

    >junjunちゃん
    おひさだねぇー!
    北海道は、まだ「夏」って感じにはほど遠いけど、今日は良いお天気だぁ~!ってか20度くらい、、
    そっちは毎日が真夏なんでしょー!?
    水を使うタイプのマットはうちにもあるけど、あれってジメッとするよねぇ、、カビ生えるのもわかるわe-263
    今回購入したのは、水も電気も使わないタイプだから良さ気な予感・・・。
    帰国予定はあるでつかe-3 てか、あとでミクに行くわぁe-282
    BBT |  2006.06.25(日) 16:03 | URL |  【編集】

    ●マット

    これさぁ水も使わないし、固くもないんでしょ?
    んじゃ床掘りカシャカシャしても平気?
    お値段も手頃?
    ちょいと興味あるなぁ・・・
    水を使ってのタイプだと、毎年買い換えないとなんだか不衛生みたいでさぁ、フレンチは暑がりでしょ、水吸収タイプだとバリとかに入れると、重くて重くて・・なのよね
    おまけに温まると逆効果だしさ
    村長 |  2006.06.25(日) 20:28 | URL |  【編集】

    >村長
    フレブルの破壊力はどんなもんだか(爆爆)
    布カバーだからヨーキーは全然大丈夫だけど~!!
    どちらかというと、じんわり冷やすタイプのマットだと思うのねぇー!
    だからキャリー&バリや、ベッドの中が最適だと思うわぁ~!
    水のタイプはホント重いよね、、最初に水を含んで切るのも大変だしぃ~!!
    なんつったって衛生面は良いとは言えないもんねぇー。
    で、メール・・・見てくれたようねぇ~w
    BBT |  2006.06.25(日) 23:09 | URL |  【編集】

    コメントを投稿する

    URL
    コメント
    パス  編集・削除するのに必要
    非公開  管理者だけにコメントを表示
     

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    この記事へのトラックバック

     | HOME |